/Artist : Taro Tanaka・田中太郎/
/Country : Japan・Gifu/

ここ数年で、土器や古物モチーフの
作品を作る作家が増えました
古い物が好きな僕としては嬉しいと思う反面
温故知新ではなく、懐古になっていないかと
作品を作る作家の事や自身の価値観をも一歩引いて見るようにしている

そんな中出会った彼は、
少し異質なモノづくりをしていました

——————————–
◼︎profile
田中太郎
1990 東京都生まれ
2015 京都精華大学大学院
芸術研究科前期博士課程修了
2017 素材研究バンド
「monolith&soilmans note」結成

現在は多治見市で作陶
——————————–


田中くんは、”野焼き”と言う
原始的な陶芸を行なっている
所謂土器と言われる物を製作している

“野焼き”もここ最近よく聞くスタイルになってきた
焼き味が面白く、皆が古に関心を持つ今、必然的に注目されたのかな?と時代を読み解く

ただ、彼の場合は少し違った
「窯を買う余裕がなかったので、
自分の置かれてる状況で出来る陶芸がこれだった」
田中くんはサラッとそう話した

飄々としたキャラクター
ヒッピーのような見た目
作ることを最大に楽しみ
作り終えた物に執着しない爽やかさ

「うん面白い」

彼の印象はこんな感じ

初めて会ったクラフトイベントで、皆がディスプレイに必死になる中、彼は地べたに作品をズラッと直置きして、枝をクロスさせて布をかけただけのテントを背景に物を売っていた

チニアシツケルの事を知っていてくれて
いきなり握手してきた田中くん
「僕の”推しメン”ばかり選んで下さって嬉しいなぁ」ってニコニコしていた

庭の土を掘って粘土にして野焼きして土器を作る
彼のライフスタイルと野焼きがしっかりと繋がっている
だからと言ってそこまで野焼きに執着もない彼の強み

しっかりと根っこは張っているけど、その時々で種を飛ばして心地良い土地に移動して行くような、”生きることと繋がるモノづくり”
田中太郎という面白い人間が作り出す美しい土器、ぜひ手にとってご覧ください

商品についてのお問い合わせはCONTACTページよりお問い合わせくださいませ。

チニアシツケル
shop&gallely
/物の造形を買う店/
new/old items
open:13:00-19:00.
open/fri./sat./sun./mon./
close/tue./wed./thu./
※定休日について詳しくはblogもしくはInstagramにてご確認ください
〒606-8376
京都市左京区新麸屋町通
仁王門下る大菊町134-6
134-6, Okikucho,Sakyo-ku Kyoto-shi,Kyoto, 606-8376, Japan
tel:080-4497-9899
mail:info@chiniasitsukeru.com
Instagram:@chiniasitsukeru